見直しの時期やタイミングを知っておく必要がある保険

イベントに合わせて検討しないといけない

人生にはいろいろなイベントがあります。子供の頃なら学校の入学や卒業になるでしょうが、社会人になると大人としてのイベントが多くなります。結婚をしたり、子供ができたり、住宅を購入したりがあるかもしれません。その時に利用するのが保険です。自分自身に万が一が起きた時、一定の給付を受けられます。通常は入るときの事情に合わせて加入をしますが、イベントがあればその都度見直しを検討すると良いかもしれません。時期やタイミングとしてまず挙げられるのが結婚です。結婚をすると扶養する人が増えるので、その人のための保障が必要になります。子供が生まれた時にも扶養する人が増えるので行う必要があります。子供は教育費だけでなく、教育費用などが必要になります。子供が生まれた時に、最も必要保障額が増えると言えるでしょう。

一定期間ごとに行う行うようにする

保険に加入をするタイミングは人によって異なります。親が子のために加入しているときもありますし、社会人になったとき、結婚をしたとき等に加入をする人もいます。最も保障が必要になるのが最後の子供が生まれた時とされています。それ以降は将来の生活費は減っていきますし、貯蓄なども増えていくので徐々に必要な保障は減っていきます。見直しをする時期として、厳密にいえば日々と言ってもいいでしょう。どんどん保障額は減っているからです。ただ、日々減るたびに変更してもほとんど支払額に変化はありません。そこで、数年に一度変更の見当をするようにしてみましょう。1年に一度の人もいれば、3年や5年に一度の人もいます。イベントがないとしても、年数が経過していれば必要な保障は変化しています。それに合わせるために行います。

何もしないと保障不足や無駄が発生する

保険に入る目的は、必要な保障を得るためです。自分が死んだら3千万円必要になるなら、3千万円受けられる契約をしておく必要があります。加入する年齢などによって毎月の金額が決まります。入るタイミングが遅ければその分高くなることもあります。人によっては入ったまま特に何もしない人がいますが、それは良くありません。必要な保障は常に変化していて、より必要になるときもあれば、過剰な時もあります。見直しをする時期を見極めて、それなりに変更をしておく必要があります。結婚や出産の時には必要額が増えるので保障不足になっています。より多くの保障が受けられるようにします。最後の子供が生まれた後は徐々に保障額は減っていきます。そのままだと無駄な保障に対して支払いをすることになります。減額をすれば無駄を無くせます。

ピックアップ記事一覧