保険の見直しを店舗で行う方法を利用する

今加入しているものがどんなものかを知る

保険への加入で最も多いパターンとして、外交員からの加入があるとされます。自宅などに訪問されてそのまま契約をしたり、会社に出入りしている外交員と契約をすることが多いのでしょう。ではその後どうしているかですが、特に何もしないままの人が多いようです。そもそも、最初に入った契約の内容をきちんと把握していない人も多いです。何となく保障額や特約が決められていて、それに対する毎月の支払いがこれくらいで等安易に決めているからかもしれません。もし内容を把握していないなら、店舗型の見直しサービスを利用すると良いでしょう。この方法では、街に出店されているサービスを利用して、今入っているものの内容などを確認してもらえます。証書などを持って行けば、どんな内容になっているか、保障が足りているか過剰かなどを見てもらえます。

今加入している商品を中心に検討する

保険に加入をするときは、基本的にはある会社の商品に加入をします。人によっては複数の商品に入る人もいますが、多くは一つだけになるでしょう。加入しているときになるのが今入っている商品で問題ないかです。気になるなら、店舗での見直しを検討しましょう。方法としては、今入っているものを中心に内容の変更の検討があります。既に年齢が高い場合、他社などに新たに乗り換えると年齢要件や健康要件が厳しくなります。同じ種類の商品に加入するにも毎月の負担が多くなる可能性があります。保障をアップするときは健康診査が必要になるときもありますが、保障を下げる時には健康診査は不要です。入ったときの健康状態を元に計算されるので、変更したとしても負担は下げられます。特約をつけたり外したりも、同じ商品の中で検討します。

他社商品への変更も含めて検討する

社会人になったときに保険に加入し、結婚や子供ができたからと見直しをしようと考える人がいるかもしれません。年齢としては20代や30代の前半で、若い人に該当してきます。この時の方法は、店舗型の相談所を利用しましょう。そして、他社への変更も含めて検討するようにしてみましょう。外交員だと、その会社の商品しか提案してくれませんが、独立系のサービスだと複数の会社の商品から比較検討することができます。従来型の会社よりも、ネット系の会社の方が安くなるケースがあり、負担を減らすならそちらを選んだ方がいいかもしれません。年齢が高いと、年齢や健康状態による金額アップが気になりますが、若い人だとあまり心配する必要がありません。年齢が高くなると他社に変更しにくくなるので、会社変更は若いうちにしておくほうが良いでしょう。

ピックアップ記事一覧