保険の見直しで病気に関する条件を知っておく

同じ商品の減額ならそのまま継続可能

保険に入っていれば必ずと言っていいほど見直しが必要になります。最初の方は会社を変更したり、増額した利が多いかもしれません。でもある程度の年齢になると増額は必要なくなります。保障はどんどん少なくなってくるので、それに合わせて減額すると負担額も減らせてお得になります。その時に気になるのが病気などを持っている時です。そのまま入り続けるときは影響しないものの、変更すると影響するのではないかと考えている人もいます。今加入している商品に対して、減額をするだけであればそのままの条件を継続することができます。つまりは加入時の健康状態を元に新たな保障額での契約が可能です。定期保険では、保障額をそのままで更新をするときには今の健康状態は問われません。増額をするときには告知などをしなければいけません。

入院歴や過去の病気の履歴が影響するとき

保険に加入するとき、健康診査と自己申告が必要になります。健康診査は医師による診察で、特定の医療機関などで医師に直接診てもらいます。会社によっては健康診断書の提出をすればそれに代えられるところもあります。その他にあるのが病気の告知です。見直しをしようとするときは、以前に加入した時から今までに何か健康上の問題がある時には、それを告知しないといけません。一般的には、同じ商品で保障額を増額するときや新たに加入する時には、審査の条件として健康状態が確認されます。もしよくないときには加入できなかったり、毎月の負担額が通常よりも多めになるときもあります。負担額が大きくなることもあるので、そのまま入っておいた方が良い時もあります。今の商品に入ったまま検討しないと、解約した後だと入れない可能性が出てきます。

入院等があっても入れる商品がある

保険の見直しをするとき、別の会社などで入り直したいときがあるでしょう。病気などがあると通常は一定条件の元で調整がされます。加入できないときもあります。どうしても入りたいときには、基準が緩めの商品を利用すると良いかもしれません。通常は健康でないと入ることができませんが、緩めの商品だと必ずしも健康でなくても加入できる可能性があります。今は健康でも、入院歴や手術歴があると入れない商品もありますが、完治をしてから5年以上経過しているなら入れる商品もあります。こちらを利用すれば、これまでなら入れなかった商品でも加入できる可能性が出てきます。注意として、加入はできても毎月の負担額が高めになっていたり保障額に一定の上限額が設けられている点が挙げられれます。それでもいいなら加入の手続きを行います。

ピックアップ記事一覧